本文へスキップ

大洋エレックス株式会社は自動検査のトータルエンジニアリング集団です。

TEL. 075-581-7101

〒607-8228 京都府京都市山科区勧修寺本堂山町10-15

カメラチェッカ BoRoS-3000BSMCC-3000S/BoRoS-3000BS

カメラチェッカとは

倍速カメラの取り込み時間と同時に結果を出力、すなわち1画面を8.4ms(1/120秒)で検査できるリアルタイム処理が特長のコントローラです。 ボトルを高速で自転させながら連続的に画像を取り込み、処理を行う検査に適しています。 1台のカメラ映像に5ヵ所の検査範囲が個別のパラメータで設定できますので、検査の安定性と検出能力向上を実現できます。

BoRoS-3000BS

PDFカタログへ


BoRoS-3000BSの特長

1) カメラ接続
スロット式カメラボード増設により、倍速カメラが5台まで接続できます。
2) 表示・操作
大型タッチパネル採用で文字が大きく、日本語表記でわかりやすい画面です。総数画面には不良数以外に不良率を表示。検査範囲の使用・未使用の選択、品種登録(16品種)など、操作性重視の設計です。
3) 信号処理
より小さな欠陥を強調する微分処理、ノイズ成分を軽減する積分処理に加え、グラデーションのある欠陥、カメラスキャンニングと平行に入る欠陥を想定し、ビデオレベル(グレー処理)感度調整も追加しました。5ヵ所の検査範囲を個別に設定しても、リアルタイム処理は変わりません。
4) パスワード
パラメータの安易な変更を防ぐため、パスワード方式を採用しています。
5)設定変更
生産ラインを停止させることなく、オンライン中に検査範囲の変更や検出感度の微調整など設定変更を行うことができます。(※ 設定中に欠陥の見逃し、誤検出の可能性がありますので、調整方法を熟知した上で実施することが必要です。)

ビデオレベル使用例

ビデオレベル使用例

図1:微分レベルで異物欠陥は検出していますが、濃淡のある欠陥は検出していません。
図2:ビデオレベルを使うことで、濃淡のある欠陥を検出します。

検査範囲設定例

検査範囲設定例

図3:リブの影で誤検出しています。
図4:感度の異なる検査範囲を追加することで誤動作はなくなります。

バナースペース

大洋エレックス株式会社

〒607-8228
京都府京都市山科区勧修寺
本堂山町10-15

TEL 075-581-7101
FAX 075-501-3250