本文へスキップ

大洋エレックス株式会社は自動検査のトータルエンジニアリング集団です。

TEL. 075-581-7101

〒607-8228 京都府京都市山科区勧修寺本堂山町10-15

デジタルカメラチェッカ BoRoS-7000SMCC-7000S/BoRoS-7000BS

新型デジタルカメラチェッカ

カメラチェッカ BoRoS-3000BS の後継機種としてさらなる操作性向上とデジタル化を実現し、同時にビデオメモリ機能を内蔵させた新型カメラチェッカです。4倍速カメラの接続により、これまでの1画面(1フィールド)から1画面(1フレーム 8.4ms=1/120秒)で検査可能というリアルタイム処理性を維持しながら、SDカードによるロギング機能やオンライン中の並行シミュレーション機能などを付加することで、高性能な欠陥検査機をより便利にお使いいただけるようになりました。

BoRoS-7000S

PDFカタログへ


BoRoS-7000Sの特長

1) カメラ接続
カメラボード増設(2ch/3スロット)により、4倍速VGAモノクロカメラ(30万画素)を最大6台まで接続できます。
2) 表示・操作
最大31品種の検査設定登録が可能です。各カメラ10個まで検査範囲(カラー表示)を設定でき、カメラ別・検査範囲別の不良検出数を表示させることができます。
検査範囲については、検出感度の適用を優先順位処理で行うか重ね書き処理で行うかを選択可能です。
検査範囲設定

検査範囲設定例
3) ビデオメモリ内蔵
ビデオメモリ機能内蔵で、欠陥検出時のフリーズ画像や前後約1秒の動画をコマ送りで確認することができます。 (※ オンライン中にビデオメモリ機能を使用する場合は、SDカードへの不良画像自動保存は実行されません。)
内蔵ビデオメモリ機能

内蔵ビデオメモリ機能

4) SDロギング
付属のSDカード(16GB)に不良検出時のスルー画像、任意選択画像、検査パラメータを保存することができます。
5)シミュレーション
オンライン中に、任意のカメラの検査設定を別のカメラ(カメラ0)の検査設定で並行してシミュレーションすることができます。設定変更前にオンライン状態で十分なテストを重ねることができるため、丁寧で間違いのない調整が可能になります。(※ 設定上書き中の検出精度は保証できないことがありますので、調整方法を熟知した上でご活用ください。)
シミュレーション機能

シミュレーション機能

6) 信号処理
アナログ微分処理を6系統切替可能なデジタル微分フィルタ処理に変更しました。ビデオレベル(白、黒切り替え可)の感度調整、積分処理と合わせて欠陥検出能力の一層の精度向上が期待できます。また、ビデオレベル調整では面積判定も行うことができます。
微分フィルタ処理例

微分フィルタ処理例

左図:縦方向抽出微分処理
右図:横方向抽出微分処理

バナースペース

大洋エレックス株式会社

〒607-8228
京都府京都市山科区勧修寺
本堂山町10-15

TEL 075-581-7101
FAX 075-501-3250