本文へスキップ

大洋エレックス株式会社は自動検査のトータルエンジニアリング集団です。

TEL. 075-581-7101

〒607-8228 京都府京都市山科区勧修寺本堂山町10-15

ビデオメモリ VM-3100SVM-3100S

ビデオメモリとは

カメラチェッカのを画像を録画する装置です。欠陥検出信号、または任意のタイミングでその瞬間の映像を静止表示します。フリーズ・コマ送り・自動再生などの画面表示機能があり、検出レベルの調整や誤動作時の状況確認に役立ちます。


VM-3100S

PDFカタログへ


VM-3100Sの特長

1) 画像入力
カメラチェッカBoRoS-3000BSのカメラ接続台数に合わせて、最大5CHまで入力することができます。[3CH・4CH・5CH 仕様の3機種をご用意しています]
2) 表示機能
欠陥検出信号をトリガに、前後1秒間の保存映像を静止画像で表示します。欠陥検出状況、誤動作発生状況が確認できるだけでなく、ワーク進入から検査終了まで全体の流れが把握できるため、検査タイミングや検査範囲のオーバーラップ調整などにも有効です。
停止ボタンにより、任意のタイミングで録画を開始することもできます。
3) 信号処理
ジョグダイヤルを回すだけの簡単操作で、コマ送り画像(1/120秒毎)を見ることができます。再生ボタンを押して、録画した映像を通常のスピードで映し出すこともできます。

誤動作確認

誤動作確認

図1:ネジの切始めの影で誤動作○していることが確認できます。
図2:微調整することで誤動作はなくなり、異物欠陥だけを検出していることが確認できます。

コマ送り

コマ送り

図3:一回目の画像取り込みの映像。
図4:二回目の画像取り込みの映像。
ジョグダイヤルを回し、コマ送りで次の画面で異物欠陥がどこまで移動している簡単に確認することができます。

バナースペース

大洋エレックス株式会社

〒607-8228
京都府京都市山科区勧修寺
本堂山町10-15

TEL 075-581-7101
FAX 075-501-3250